FC2ブログ

ぷかぷか*らっこ 

おだやかで ほのぼのとした、日々の楽しみを 日記にしました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きっかけは、朝の黙祷でした。

外のスピーカーから市民に向けて流された放送は
62年前の出来事を考えながら1分間黙祷をしましょう、という趣旨でした。

言われた通り、静かに座って目をつぶっていましたが
いろんな思いがこみあげてきて、とてもつらくなってしまいました。

とりあえず気を紛らすために
今いる自分の周りの様子を、
目をつぶったままリアルに思い出して
様子を頭の中に思い描いてみました。

私の前の机の上に
雑然と積み上げられた新聞、広告、本、…。

もしそれらがなかったら、このあたりはすっきりしていることでしょう。
どんな感じになるか、想像してみました。

すっきりと何もない机の上。
ここでいろんな家事や作業も思いのままにできる。
部屋の隅々まできれいで使いやすい様子。
棚には要るものだけ、並んでいる。

目を開けたら、部屋を整理するんだ、という気持ちが固まっていました。

朝、雑然と積まれて崩れかかっていた山が
昼食前には分けられて、低いかたまりが三つになっていました。

娘にもこのやり方を提案してみました。

今日の夕方、ちょうど担任の先生の家庭訪問があります。

年に一度のことなので
この日はいつも本人の部屋に先生を通して話します。

今までは私が片付けの仕上げをしていました。
といっても、娘だけだと散らかったままなので
ほとんど私が片付けていました。

私も片付けがうまくないのですが
子ども部屋の片付けなら
キャリアも長いので何とか…。
自分の部屋ではないので、
思い出に浸って手が止まることもなく、早いです。

でも、せっかくきれいになっても
数日で元通り、床が見えなくなってしまいます。

娘は床に座って何かをして、そのとき手にしていたものを、
何か思い立って立つときに
てきとーにそのへんに置いていくのです。

いろんな物が床を埋め尽くすように散らばっています。
鉛筆や紙の切れ端、細かなものいろいろ。
中にはゴミとしか思えないものも。

いつもは「毎日、散らかったもののうち、
二つのゴミを捨てて、一つのものをしまうように」
と言っていましたが、
散らかり具合はあまり変わりませんでした。

家庭訪問の2、3日前になって、娘にこう言いました。

「今年は片付けを手伝わないから
自分のセンスで部屋をきれいに飾ってみてね、
飾るには、散らかった中に飾るより
周りをきれいに片付けておいたほうがいいよね。
家庭訪問に来られた先生にも見てもらうから」

娘も少しずつ片付けてはいたようです。
それでも部屋の印象はほとんど変わりませんでした。

そこで今朝、私の思いついたやり方を娘にも話しました。

「あなたの部屋に椅子が二つ、サイドテーブルがその間にあって、
おかあさんと先生が話し合ってる様子を思い浮かべてみて」。

そのとき、今の部屋の様子は無視して
とにかくその場面だけをくわしく思い描いてみるように、と言いました。
床の上に何もないのは「前提」なんですよね。

家庭訪問の一時間ほど前になったら
おかあさんが片付けを手伝いに部屋に入るね」とも言いました。

きっと娘はきれいになった部屋を思い浮かべたことでしょう。
私もあとは何も言わず、邪魔をしないようにしていました。

娘は勢いに乗って片付けをはじめました。
私は気配で様子だけを感じていました。

いつもは途中で「疲れた」と言ってはゴロゴロ休んで一日が終わる感じなのですが
今日は乗りに乗っている様子です。
ドタバタ音が続きます。
たまに掃除機の音もします。

ピンポーン!

予定より少し早くチャイムが鳴りました。

あわてふためいて掃除機をかける娘、
掃除機を片付けて、
残った「はきだめ」をサイドテーブルで隠す母…。

玄関で娘と先生の声が聞こえました。

なんとか真ん中だけ片付いた娘の部屋に先生を通しました。

最近の様子を聞かれたのでそのまま、今日のことを話しました。
あと、いろんな話をして、帰られるときに先生が
「せっかくここまで片付けたんなら
もう少しがんばって全部片付けよう」
たぶん隠してある「はきだめ」も、うすうすバレてる…。
先生のありがたいお言葉にほっとする母でした。

今、娘はお茶で一休み、これから最後まで片付けの続きをする…予定です。
机の下の「はきだめ」も、反対の角の「はきだめ」も、
隠すのが大変だったところです。

お茶ですっかりくつろいだ娘を見て思いました。

家庭訪問、近々もう一回あるといいなあ。
ハウスダストのアレルギーで、咳き込みながらそう思う母でした。
スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

コメント

コツだからね。片づけって。
何が一番かって云うと《捨てること》だなぁ。
それが一番綺麗になる方法。
なかなか捨てられないのも分かるけどね。

片づいた後に、お花を一輪。。
お花が悲しまないように、綺麗に保つように・・・。

娘さんも何かをつかんだかな??
ひめさんも大変だったけど、ちょっとホッとできたかな??

夏の日のいい出来事として。。。
2007/08/06(月) 19:39:22 | URL | たかし #-[ 編集]
良い方法ですね。
片づけないの代表みたいなみなみたっちです。(^^ゞ
たまーにやる気になるのですが、そうすると疲れてしまいます。
毎日、少しずつ片づけるのが一番なのでしょうね。
お嬢さんと同じで、そこに物をひょっと置いたらそのままにしてしまうタイプなのでどんどん散らかります。(>_<)

黙祷から良いアイディアが浮かびましたね。

広島には二回ほど見学(原爆の勉強)に行きました。
2007/08/06(月) 19:56:52 | URL | みなみたっち #X.Av9vec[ 編集]
まず、イメージありき。ですね
始める前に、できあがった状態を先にイメージしてしまうわけですね。

なるほど~。
それ、いいかもです。

まずは机まわりから、やってみます。
明日さっそく。
2007/08/06(月) 22:28:01 | URL | とりりん #f4RRH762[ 編集]

うちも…
片付け苦手星人がいっぱい…
かだつけキライ、キレイ好き星人も…
やはり…
ポイントはこまめにって事ですよね。
一番の原因をまき散らかす…
ちびっ子によく言い聞かせようと思います。
2007/08/07(火) 06:48:55 | URL | ダミアン4号 #-[ 編集]
遅くなりました
パソコンが繋がらなくなって四日目です。レス遅くなってごめんなさいね、今携帯からアクセスしています。実は携帯メール初めてなんです。もどかしいけれど、ゆっくりいきます。
ダミアンさんへ
そうですね、子どもに片付けを身につけてもらうには気長にゆったり構えたほうがいいですね。
こまめに時々するようにして。

とりりんさんへ

いいですね、できているイメージをしてからはじめるのは。ぜひおすすめしたいです。

みなみたっちさんへ
片付けしたくなったら、この方法いいですよ。
昼間静かに目を閉じる機会って、あまりないですよね。
でも、それだけでも落ち着きます。

たかしさんへ
なるほど、いろんなコツがあるんですね。飾った花のためにきれいにしておく、という考え方、すきです。
2007/08/11(土) 13:46:11 | URL | ひめ ママらっこ #M99gRUcY[ 編集]

お久しぶりです。ひめさんのおうちも夏休み突入で毎日お忙しいのでは??
それで、びっくりしたんですが、夏休みに家庭訪問があるのですね。しかも、おうちにあがられるんですね。。。。。
小学校に入ったら、うちもあるのかな、家庭訪問。
幼稚園は園に親がいって20分程の面談でした。
先生にうちの中を見られるのって、子供をみるというより、親を見られているようでドキドキですね。
お疲れ様でした。
2007/08/13(月) 23:38:43 | URL | はっぴぃ♪ #-[ 編集]

はっぴぃ♪さんへ
家庭訪問のしかたはそれぞれですね。
普通は玄関先なんでしょうけど、
マンションの我が家は狭くて暗く、おまけに暑いので
先生にお願いして、上がっていただきます。
椅子に座って麦茶出してゆっくり話しています。

こんな機会でもないと、部屋片付かないし…。

ほかのお母さん方にきいたら、
玄関先の人も、上がってもらう人もいて、いろいろでした。
2007/08/14(火) 23:15:57 | URL | ひめ #.Nv5LNIE[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rakkomama.blog38.fc2.com/tb.php/68-d9fd9b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。