FC2ブログ

ぷかぷか*らっこ 

おだやかで ほのぼのとした、日々の楽しみを 日記にしました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子の高校受験、あとは結果発表を待つだけになりました。
それで通う高校が決まります。

結果はともかく、もう受ける試験がない、というのは
大きな重圧から開放されて、
家族みんなの気持ちもぐんと軽くなることでした。

息子、どうなるかと思いましたが
下校後は娘の部屋で
テレビを見たりゲームしたりしてリラックスしているようです。
娘の邪魔になっていないか心配になって娘にきいたら
「ああ、アイツは大丈夫だよ」
と娘が答えました。

発表の日、帰路の乗り換え駅で
塾に寄って結果を報告し、
近くの本屋に行き、
あこがれのらーめん屋にも寄って、
食べてから家に帰る、
そんなプランを息子と話していました。

遅くに夫が帰ってきて、息子に
「発表の結果をすぐにおばあちゃんに電話で報告して」。
と言ったので私は思わず
「結果をうちに電話してこないで、って、
おばあちゃんに言っといて」。
と言いました。

結果が待ち遠しいのは私も山々ですが、
家に着いてから息子が結果を言うまでの時間を
息子の様子を見ながら楽しんでいたかったのです。
――私ってヘンなのかもしれませんが
待たされるのも楽しいことがこのごろわかってきたのです――
その結果をおばあちゃんから先に電話で言われるのは
ちょっとくやしいかな、と。

それでそう言ってしまったのですが、夫は私に
「それは順序が違うじゃないか、
だったら家に着いてからおばあちゃんに電話すればいいんじゃないの?」
と言って、息子に、早く帰るように言いました。

それでさっきの寄り道の計画を話しました。
「結果を知った後、
いい結果でも悪い結果でも、
しばらく一人でいる時間を持たせてやりたいの、
結果を矢継ぎ早に家族や親類に催促されるのもイヤでしょ?」
と言うと、夫も昔を思い出したのか、
「まぁな」。
とは言ってくれました。

当日どうなるかは息子次第です。
それもいいかな、と思います。

スポンサーサイト

テーマ:受験 - ジャンル:学校・教育

息子の塾通いが先週で終わりました。

この一年、塾の時間に合わせて食事の用意をしていました。
それで、
「今これをしておきたいのだが、一度やり始めると時間がかかる」
というものを作らないようにしていました。
食事の用意と、健康にいいことをする、これを最優先にしていました。

息子の食事が私や娘より1時間早いので
別々に用意したり先に片付けたり
また温めたり、二度手間でしたが
そんな私の時間も戻ってくるのです。

私のほうはといえば、
パン教室を開く準備を少しずつ進めています。
自宅のオーブンで一度に焼ける量は、
受講生4人分にあたるのですが
今までのように自家消費分だけを焼くのとは
わけが違ってくるのです。
それで、実際にその量で焼いてみて、
適切な焼き時間などを確かめておきたいのです。
焼き型を使うものは焼き型も4人分用意するので
収納場所の問題もあります。
レシピも用意しておかなければいけません。

というわけで準備に思いのほか時間がかかっています。

先日も4人分の量をこねていましたが
慣れれば意外に楽でした。
それをリング型に入れて焼くと、
四人家族で一人に一つずつ、
豪勢な感じに焼きあがりました。

いつもは誰かが物足りない感じだったかもしれませんが
さすがにこれは十分すぎる量でした。

余ったのは一人ずつ袋に入れて冷凍庫に入れ、
次に食べるときに自然解凍します。
塊なので早く解凍できるように、
冷凍庫の温度が高めに設定してある小さな引き出しにしまっていました。

これは息子の大好きな種類のパンでした。

息子、まだ受験が残っていて、行く高校が決まっていません。
最後の試験を5日後に控えた夜中、
息子のうめき声で部屋をのぞいてみると、
「お腹が痛い…」
風邪が胃にきたようで、その後が大変でした。

夜中に苦しむ息子の介抱やら、
汚れ物の始末やら…。

幸い夫がまだ起きていたので夫の手も借りてなんとかなりました。
夫は息子が大好きで、夫の片思い、みたいな感じです。
親身に息子の世話をしていました。

翌朝息子が起きてきて、少しよくなった様子でしたが、
テーブルにつくのがやっと、という感じでした。
座ってぼーっとしながら
「何か食べたい」と言いました。

それを受けて夫がすぐにそのパンを出して、レンジして息子に渡しました。
息子「おいしい~」
夫 「だろ?お父さんが、心をこめて、
レンジしたからだよ」。

夫によれば、レンジの仕方にもコツがあるのだとか。←(あわてて加筆)

テーマ:受験 - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。